Home > タルトのおすすめ映画 Archive

タルトのおすすめ映画 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

第51回「アレ★アレ★シネマトーク」 テーマは「絶望映画」



今回も盛り上がりましたね。「絶望映画」アレアレシネマトーク

タルトが、思い浮かんだ映画は『リービング・ラスベガス』(原題:Leaving Las Vegas)

ぼろぼろになって死に行くアル中男の絶望を受け入れ、愛してしまう女。
身も心も二人の置かれた状況も、どんどん避けがたい死の絶望に向かって行きます。
しかし、二人の心はこの世と生きる肉体から離れた場所でどんどん近づいて行く。

ニコラスケイジ主演のアメリカ映画はラスベガスという虚構の街で、そんな二人をほんの少しの距離をもって描いていた。
絶望の果てにだけみえる場所はあるのかもしれないと思わせてくれる映画だった記憶。
潤んだ瞳のニコラス・ケイジがいいとおもってしまうと、危険なのかもしれないですよ、女子の方々〜。

ニコラス・ケイジ アカデミー主演男優賞、ゴールデングローブ賞
100064_1.jpg




2次会の周ちゃんとの会話で思い出した。
おもしろかったけど、二度と見なくない絶望映画はメキシコ映画『父の秘密』

事故による妻の喪失を受け入れられない父。
その父を見守る娘に再出発の為の転居先でふりかかる堪え難いいじめ。
絶望への怒りが、執拗ないじめの描写と長いラストシーンの結末によりするどい斬れっぷりで描かれる。
そして、全てを観る観客がさらなる絶望的気持ちになる。

とにかく振り切れてます!

T0018117q.jpg

第65回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門グランプリ
http://lucia.ayapro.ne.jp
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

"INNERVISION"

行ってきました!

噂の"INNERVISION"
http://sasaki-makoto.com/pg163.html
アレアレ&マコマコシネマトークでおなじみ佐々木誠監督作品。

uplink_20130417094556.jpg



4/15のアップリンクは先行スペシャル上映イベント。

“生まれついての視覚障害者はSFアクション映画を作れるのか?”をテーマにした本作を、「映像なし(音声のみ)」+「映像あり(通常上映)」の2バージョン1セット上映。(UPLINKより)
初めて体験する「映像なし(音声のみ)」の暗闇上映では、全くの真の暗がりを作ってくださった劇場のアート活動へのご配慮に感動しました。

目を開いても、つぶっても同じ闇、、、。

でも、ちょっと違うんですよね、、、。

同じではない。

さっきまでみていた風景の残像が虹色に見えたり、眼球が上にひっくり返ろうとしたり(座頭市状態)、
いろんな感覚が呼び起こされてきました。

声、音、場面、話す会話も頭の中に電波のように入る。
言葉だったり過去の記憶だったりをなぞることを極力さけるかのようにまっすぐ何か別の感覚で理解しようとする。
物事に集中するときに自然に目を閉じてしまったりすることは、ある感覚の扉を開くためのものだったと改めて感じました。
後のトークでお聞きした、全盲の視覚障害者の方々もお一人ずつ感覚が違うというお話も実感として理解できました。

音だけでも
とにかく加藤さんのキャラクターが浮き出ていておもしろい!
そして、それをうれしがってる監督のワクワク感が伝わります。
8ECA905E.jpeg



「映像あり(通常上映)」
2回目は通常の映画上映。
今度は、ゆっくりこちら側と映画の距離をおいて、映画の世界に入り込む。
もう一本の映画をみているような感じです。
不思議なことに最初の上映では加藤さんの声を中心に展開していた映画が、加藤さんを囲むまわりの方々が中心に見える。
映画を作るということに向かって、映画作りの現場にいる方々がそれぞれにお話をされる。
これがまた、最高!
スペシャリストの彼らは、映画を作るということにまっすぐです。
それをどう具体化して、どうエンターティメントとして現実のものにできるかの的確なアドバイスにおいて、
視覚障害は一つの要素。

2Dとは3Dとは?色とは?美しさとは?
ぐいっと加藤さんの世界に入り込んでそこから新たな可能性を探るうれしさの共有。

一人では成り立たない、とにかく、いつも困難がつきまとう映画製作の現場の暖かさ!

いやー、映画っていいなー!!!


絶対みたくなる予告編はこちら!
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=nvXQ6JE-j8I

83X8360815B838B82T.png

2013年5月4日(土)より渋谷アップリンクにて公開!
※初日、毎月曜日は映像を言葉で説明する音声解説付き上映予定
音声解説はFM送信方式ですので、FMラジオをご持参ください。レンタルあり(限定数)。周波数は88.5MHz
監督と日替わり豪華ゲストが上映後トークを予定とワクワク!
http://www.uplink.co.jp/movie/2013/8295

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

第4回「アレ★アレ★シネマトーク」に参加しちゃったー!

タンバリンギャラリーで月に一度開催されている、大好きなイベント
「アレ★アレ★シネマトーク」
皆さんの素敵な映画談義に、今回はついに乱入してしまいました。
飛び入りを暖かく受け入れてくださったみなさまありがとうございましたー!

第4回USTREAMはこちら、
http://www.ustream.tv/recorded/13969526
http://www.ustream.tv/recorded/13972063

第3回以前はこちらからどうぞー!
http://www.ustream.tv/channel/are2cinema
「アレ★アレ★シネマトーク」


そしてあの頃がよみがえる、あの音楽が聞こえてくる、素敵な展示。
急いでー、4月17日の日曜日まで!


石田昌隆写真展
MUSICIANS IN THE SAME ERA
1986-2004
2011年4月12日(火)~4月17日(日)
11:00~19:00(最終日18:00まで)
http://tambourin-gallery.com/tg/exhibition/
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

久しぶりにTSUTAYA

何かとバタバタな年の瀬。
隙間をぬって借りたDVDみました。
『ウェイトレス~おいしい人生のつくりかた』
http://movies.foxjapan.com/waitress/

アメリカ映画なのだけれど、アキ・カウリスマキに似てるかも?
お医者さまも、ダイナーの店主もなんとなくヨーロッパっぽい。
なにこれ???で観てて、爆笑したりできた。
忙しくて疲れてるときにいい一本ですヨン。


070724_waitress_main.jpg




Home > タルトのおすすめ映画 Archive

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。