Home > 2014年09月

2014年09月 Archive

フィルム・ノワール展参加します!!!



gallery DAZZLE
https://www.facebook.com/galleryDAZZLE
https://www.facebook.com/events/764433246950837/?notif_t=plan_admin_added
2014年09月09日(火)~ 2014年09月14日(日)
12:00~19:00 (最終日17:00まで)

オープニングパーティ2014年09月09日(火)18:00~20:00

弘田京子、 村上奈津子、 シマジマサヒコ、山本祥子、 , 青山タルト、 石田奈緒美、 すがゆり、 Tsuin、 , 西山亜紀、 篠原いづみ

皆さんマニアックな映画が勢揃い!!!

タルトの選んだ映画は”地下室のメロディー”
1963年製作のフランス映画。
アラン・ドロンとジャン・ギャバンというフランス映画界の2大スターが共演した犯罪映画。
どうぞ、よろしくお願いします!

DAZZLE2.jpg

DAZZEL1.jpg


刑期を終えて出て来たばかりのジャン・ギャバンが歩く郊外の新興住宅地の閑散とした感じ。
日々の生活に追われて働く人々への皮肉の表現でしょうか。
オープニング、それにしても音楽と空と建物のアングルが美しい!
アランドロンのモテモテの演技は笑っちゃうくらいにいただけないのですが、

最後の緊張感溢れるプールはしびれます!!!

終始無表情のジャンギャバン。唇なんかナイフで切られた傷口なんじゃないかと思えるくらいに薄い。
駄目な男達が夢見る10億フランの夢。
ドキドキとスリルを楽しんでください。
今の時代ならパロディーにしたくなるような、その時代のカッコよさです。

映画をご覧いただくには、DVD再発売されたもようですが、レンタルがなかなか見あたりません。
渋谷TUTAYAさんにVHSがありました。



*************
タルトの在廊予定時間(他決まり次第UPいたします。)
9/9 17:00〜
9/12 16:00〜17:30
9/13 16:00〜
9/14 14:00〜


*ランドリーグラフィックスギャラリーウクレレCDジャケット展とダブルでみなさま、どうぞ、よろしくお願いします!


  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ウクレレCDジャケット展に参加しております!

ウクレレCDジャケット展に参加しております!
素敵な企画に参加いたします。
『ウミノウタ』オリジナルジャケット150種類!
イラストレーターさんデザイナーさん、皆さんの作品が勢揃い!
すごいですねー。
1枚500円。先着順でライブチケットのおまけ付きです!CDの売り上げは東日本大震災の義援金にさせていただきます。
タルトはこんなの描きましたよ。
ノスタルジックハワイの優しさも出てたらうれしいなー。
初日の夕方はウクレレ借りて持って行きますので、誰か教えてください。

青山タルトupA
青山タルトupB

10609641_841561039195643_6032280247427057477_n.jpg


ランドリーグラフィックスギャラリー
〒151-0051 渋谷区千駄ヶ谷1-11-3 メゾン中塚101
https://www.facebook.com/events/308222845969732/
9.5[Fri] ⇒ 9.12[Fri] 13:00 ⇒ 20:00 日曜日も休まず営業
最終日は19:00まで

タルト、来週はDAZZLEさんとダブル展示です。
こちらの情報は週末にUP予定。
皆さま、外苑、千駄ヶ谷、ギャラリー巡りがおすすめですよーん!
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

"おっぱいトークジャム" VOL.4 REPORT

8/30 ディクショナリークラブ千駄ヶ谷のラストパーティー。
初めてトークジャムにご参加くださる方も沢山いらしていただき、楽しいトークで盛り上がりました。

DJはおなじみ
"センジュゲインズブール" 真舘 嘉浩さん♡
素敵な音楽をありがとうございました。

10653398_10204962878858622_7565271153207960914_n_20140903221213061.jpg


10384660_10204962833857497_6079237152479456338_n_20140903220833da2.jpg


以下、トークの記憶をたどります。
*参加者の方々、追加、修正などありましたらお知らせいただけると幸いです。
************************************

そもそもなんでおっぱいなの?

「食の始まりはおっぱいから。おっぱいで平和を。おっぱいで、みんな仲良く。」
人が生き物として生まれて初めに食するおっぱいについて考えようということだけど、
考えてみるとおっぱいのテーマはもっと広く深く考えることができるはず。
文化的な事から、政治的なことまで皆さん幅広く語ってください。
去年のパーティーでは建築をおっぱいの切り口で考える方のプレゼンテーショントークを
拝見したりもできたんですよ。

最近おっぱいが、いかに偉大か!を仕入れましたよ。

哺乳類が栄える前は恐竜とかの時代があるんだけど、2回にわたる地球規模の気候変動
などによる大殺戮を経て進化して来た過程がある。

その絶滅の危機にあって、哺乳類は酸素をうまく取り入れるための横隔膜の発達という生物形態の変化と、
少なくなった肋骨によって得られた生んでおっぱいを与えて大切に育てるという育児システムの2つの進化があったようです。
少ない子で確実に次世代を残すということが、鳥類やハ虫類よりも哺乳類が爆発的に栄えた理由のようです。
生むのも、卵から胎盤で育てて赤ちゃんで生む方向に進化してきましたね。
おっぱい行為の偉大さ!

おーっ!

胎盤無くて卵で生む哺乳類もいますね。
カモノハシとか。
卵で生むのが一つ前の進化の名残りですかね。

ここで、「そういえば私、先祖帰りな人とお付き合いした事が多かったなー。」。
しっぽがある人と副乳が残ってる人、爪が鷹みたいに巻いてる人。ちょっとみんな毛深かったな。
(一同、えーっ!)

そういう人は、なんかあるんでしょうか?
身を守らなければなったのかな。
でも、生きて行くのが大変で次の段階に進化して来たのだから、逆にのんびり守られてて先祖帰りができたって事もあるかもね。
お父さんが鯨穫りの人だった。(おーっ、なんか納得。)

どの種の中でも、今の進化と違う種類の者も必ず残るらしいですよ。
何かあったときに種が雑滅しないように、少し違う者を残す。
しっぽがあるという本人は、それでかなり悩んでいましたけどね。
そういう方々とおつき合いしたというのは、人間の中に残る多様性のある人ばかりとつき合っちゃうってことかもしれませんね。

新しい種をつくれってことか?(笑い)
猿から進化って、実は違うかもしれない説もあるしね。
まだまだ謎です。進化。

そういえばこないだから噂のスタップ細胞。
細胞がストレスを与えて死ぬときにスタップ現象と似て光ると言っていたが、すごいストレスがかかると、次に変化しようと言う作用が働くんじゃないかと思った。
おっぱいが進化の過程で重要な役割を果たしたっていうことを知って、このニュースはさらに気になりました。

人間は次々にウイルス殺せる薬を発明したりしてるけど生き物としては弱くなってるという事あるかもしれない。便利な習慣とかも、、。
トイレも今の子供達は和式のトイレ使う筋肉が退化してるらしい。
踏ん張れない。

、、、しばしトイレ談義。

植物なども、人が関与して交配に手を加えた種として弱ってるものばかり食べてる。
それによって人の身体も変化して来ちゃってることもありますね。
生産性を上げる為に手を加えすぎてミツバチが寄ってこない植物とかね。
そんなのばかり食べていてはね、、、。

おっぱいで育てる進化が種を繁栄させたといっても、今はもう全然育て方違うということもある。
哺乳瓶でミルクをあげるし、代理母まであるし、、、。

知らないうちに哺乳類の次の進化の段階に入っちゃったのかもしれないですね。

乳母っていましたよね。
おっぱいが出なというのは、赤ちゃんが死んじゃうってことだったから必要だったね。
おっぱいの数は、育てられる子供の数に近い?

おっぱいっておいしくないよね。
大人になってのんだら薄い味でした。
でも、赤ちゃんは美味しいんだよね。
もともと血液の変化系だから。
胎盤で振りそそがれていた血液からの栄養が、生まれてきた後はおっぱいが代わりをしているってことですもんね。

私は母のおっぱいが飲める状況ではなかったので、母乳じゃなかった。
母のおっぱいじゃなくて山羊のおっぱいで育った。

山羊はおっぱいのでない母親に飲ませるって言う地域があるから、牛よりいいのかもしれませんよ。
江戸時代は牛乳飲んでないでしょ?
牛のミルクを使うっていうのは経済システムからきてる事?
山羊効率悪そう。


金魚話から、進化の話に戻る。
植物も極端に刈り込むと先祖帰りする。水をギリギリやらないで花が奇麗になる。
やはりストレスかけると遺伝子がジャンプ?

ギリギリなんとか耐えられるストレスは、大いなる飛躍の母でもあるのかも?
つらい思いをしても、一度は飲んだ事ある幸せなおっぱいの記憶は残るとも思う。

育児拒否されたカバに人が泳ぎを教えたら、泳ぎが人の息継ぎみたいにジャンプするようになったのTVで観ました。
でも、さらにそのカバから生まれた子は変な泳ぎ方の親が育てても、息継ぎ無しで普通に泳いでいた。
文化的な習得より生物的な方が強いってことでしょかね?
生物の習慣を超える文化が世代を超えて伝えることがいかに難しいか、ですかね。

夜泣きの赤ちゃんの声の周波数に反応するのは女の人で、
男の人は反応が鈍いらしい。
男の人は起きて仕事に行かなければならないからね。
生物的な身体の事と人の文化的な社会的なことの関係性?
だって、起きても、おとうさんおっぱいでないから役に立たないしね。(笑い)

お父さんが仕事に行くのはおっぱいが出ないから?!
そのかわりに仕事に行くの?!(笑い)

こうありたいという思いがあるから身体が変化するということと、
身体がこうだから社会を変えましたっというのがあるのかも。

飲ませ続ければ、おっぱいは出続けるらしいですよ。


おっぱいトークをするからって、母におっぱい吸ってた頃の話を効く為に電話した。
あまり話したくないみたいだった。

私はおとうさんのおっぱいを飲んでたんだって言われてた。(えーっ!)
お母さんのおっぱいを吸った記憶がないと話したら、お前はお父さんのを飲んでいたからだよといわれ、ちょっと信じた。
6歳ぐらいで嘘だなってわかった。(笑い)

男の人もおっぱい欲しいのかも。

しばし男のブラ話題。
おっぱい願望、ありますよ。(男性)
一回はやってみた事あると思うなブラ。(笑い)
新たな進化かも?

ブラの反対はラブ。(おーっ)


ちょうどこのへんでお時間。
では、そろそろこの辺で、
皆様ありがとうございました。

この後は素敵な素敵な屋上で夏の終わりを楽しみました。
夜は素晴らしいDJの方々で踊り、楽しい時間でした!
千駄ヶ谷ラストパティー、大盛況!!!

写真

10577019_726770590694875_5029348431999974362_n.jpg
10609457_10204962855898048_3042356385955688859_n_20140903221216a28.jpg
10629875_641219422658357_373892966479668907_n_201409032212140ab.jpg



**************************
素敵なおっぱい展に参加させていただき、”おっぱいトークジャム”も4回にわたって皆さんとご一緒できて幸せでした!

慈しみ育てるおっぱいのさらなる未来へ!
桑原茂一さん、服部全宏さん、スタッフの皆様始め、沢山の素晴らしいクリエーターの方々ありがとうございました。

10653633_10204962923179730_3541640104894978310_n.jpg




そして、これからもどうぞよろしくお願い申し上げます!
巡回展も計画されているおっぱい展。
これからますます大きくなりますように!!!

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Home > 2014年09月

Return to page top